マウスはじめました

だんだん秋めいてきました。プランターににんにくを植える時期です。こんにちは、れおぱっちです。

来春、コーンスネークの繁殖に挑戦するにあたり、現在のヘビさんたちは下記の通り。
<アダルト組(ホッパー)>
・ファイアハイポパイサイドテッセラ
・ブリザードhetデフューズド
・ホワイトアウト
<セミアダルト組(ファジー)>
・オパール
<幼蛇組(ピンマSS~S)>
・ブリザード(2021タイCB)x2
ペット枠で
・グリーンパイソン マノクワリ

を抱えていて、いやはやそろそろ冷凍マウス買うのもコスパが悪くなってきたぞ、と。
あと、冷凍マウスに限らずコオロギなどもまとめて買おうかなというときに品切れということが最近増えてきて、おいおい餌なくなっちゃうよ困ったなぁ、と言うことがよくあるような気がします。全国的に餌の供給が減っているんですかね。

買えるときにある程度買っておかねば、ということで冷凍庫の購入検討もすすめると同時に、マウスの繁殖をして自家生産していくことにしました。

で、ALBINOMANIAさんから譲り受けて、我が家へ来た子たち。
第1回目の妊娠でもうあと何日かで初出産がありそうです。雌は白い子、雄は栗まんじゅうのような子。どんな子達が出てくるか楽しみです。

雌はともかく、雄がデブ活に勤しんでいて、マウスなのに45gほどあります・・・。デブりすぎ。

 

マウスの餌はちょっとこだわってまして、マウス・ハムスター用の餌の他に無着色のドッグフード、雑穀物として鳩の餌を少量入れています。人間や犬には問題ない量の着色料でも、中には発がん性が認められていたり、一部の諸外国では使用が禁止されているものがドッグフードに使われていることがあります。小さなマウスへの影響が図りきれませんが、少しでもリスクを減らし、健康に育ってもらうために上記のような製品を選択しています。

ちなみに、ドッグフードは安いものです。キャットフードでも可。
安価なドッグフードは穀物類が多く含まれており、肉類などのタンパク質も若干量含まれているというマウスにうってつけの製品です。(逆に言えば、犬用としてはどうなの?と思う製品が安価なものにはたくさんあります。)

安価なドッグフードで、着色料の少ないもの、というのがネズミの餌に向いていますのでぜひマウスの繁殖に挑戦する方は検討してみてください。

あ、一応ファンシーマウスなので今後は色んなカラーが生まれてくる予定で、販売もしようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。